スポンサードリンク

2027Ⅲ スペック、機械割

2027Ⅲには継続率の異なるART
「BATTLE MODE」と「STORY MODE」が存在し、それぞれが別の継続率でARTの抽選を行います。
にほんブログ村 パチンコブログ パチプロへ
BATTLE MODEは、1セット40ゲームのARTで継続率は最大80%。STORY MODEは1セット40ゲームのARTで継続率は最大95%という
継続率の高さと、純増2.3枚のコイン払い出しを考えると、一撃での大量獲得に大きな期待を持てる機種です。

基本スペックは

初当たりBM確率
設定1 1/259.4
設定2 1/235.7
設定3 1/246.4
設定4 1/215.5
設定5 1/224.8
設定6 1/188.2

最近の機種に多いように設定6だけがART突入率が格段に高い設定となっているので
攻略としては、設定差の少ない中間設定台で、いかにARTを続けるかということになります。

今回の2027では、今までなかった、ART間の上乗せ特化ゾーン「GALAXY ZONE」「EXTRA STAGE」「Perfect Free Game」「PREMIUM STORY」
が4種用意されており、ART中に上乗せ特化ゾーンに突入した場合は、高い継続率と絡んで大量獲得の可能性はかなり高くなります。

天井については
最大天井がART間1200ゲーム。
最大天井に到達した場合は継続率80%のバトルモード突入が確定します。

最大天井の1200ゲームの前に、ART間600・900ゲーム数での天井の設定もありますが、この天井到達での恩恵はありません。
ただARTが確定するだけです。

また、CZ間450ゲームでも天井が発動します。

今回の2027Ⅲの一番の目玉とも言えるスパイラルZERO

スパイラルZEROの状態に入ると、32ゲーム間チャンスが続き、その中で必ず1回以上はレア小役が成立するシステムになっているので
スパイラルZERO状態に入ったら、ARTの期待度はかなり高まります。
また、スパイラルZEROは規定回数に突入すると、ARTが確定します。詳しいスペックの発表はありませんが、4回めの突入でのART突入が多いようです。

機械割は
設定1  97.5%
設定2  98.6%
設定3  99.7%
設定4 102.5%
設定5 107.0%
設定6 112.2%

やはり設定6が群を抜いて高いのですが、BM突入率と比較して設定4以上の機械割は100を超えていますので
中間設定の台さえ掴めば、勝負になる台だと思います。

メルマガ

*メールアドレス
*名前

コメントを残す





四 + = 6