仮想通貨

ビットフライヤーでTポイントをビットコインに交換も店舗決済にも利用したくないと思った理由

ビットフライヤーがTポイントでビットコインに交換できるサービスを開始しました!
イーサリアムなどのアルトコインの対応はユーザーの反応を見て検討予定だそうです。
ビットフライヤーはTポイント交換サービスを導入することで投資に抵抗がある層でもTポイントでお手軽に投資できるようにして、損を嫌うライト層の新規雇用獲得を狙うようです。これだけ聞くとTポイントでお手軽投資ができて交換したくなりますよね。ただ詳細を見たところ、僕は個人的に交換したくないと思いました。

手数料が高い

理由は手数料が高い。これだけです。
これで完結してしまっては記事が面白くないので掘り下げていきたいと思います。
Tポイントからビットコインへの交換レートは
100ポイント→85円分のBTCです。
手数料が15%もかかります。新規雇用を獲得したいのであれば例えばPayPayなら20%還元など、最初は高還元でお得感を与えます。
そのお得なサービスが口コミで広がりアフィリエイターに報酬を出さなくても勝手にユーザーが広めてくれます。

15%もかかるなら交換したら損するのに交換したい人なんかいるの?
と思ってしまいます。

ビットフライヤーはアフィリエイト報酬最大23000円も出していた時もありましたから、新規雇用を獲得するための費用を還元に回せば口コミが広まり集客力が高まると思います。

Tポイントの方が使い道がある


そもそもビットコイン自体に使い道があまりないのに使い道が豊富なTポイントを高い手数料を払って交換したい人がいるのでしょうか?
新規雇用獲得が狙いだそうですが、今まで仮想通貨を買ったことがない新規雇用がわざわざ口座開設して使い道豊富なTポイントを交換するとは考えにくいです。
元々ビットコインが欲しかった人ならすでにJPYから手数料無料の取引所でビットコイン買ってます。

換金手段としては

換金手段の1つとして

Tポイントでビットコインに交換

ビットコインを売却

日本円を出金

の流れで換金出来ます。

 

しかし、Tポイントを換金できるサービスはすでにあります。

 

ジャパンネット銀行がTポイント換金サービスを行なっています。

換金レートは
100ポイント→85円
ビットフライヤーのビットコイン交換と同じレートです。
同じレートなら換金するならビットフライヤーを通すより、ジャパンネット銀行でそのまま換金した方が手っ取り早いでしょう。
ちなみジャパンネット銀行口座開設はモッピー経由で行なった方がお得です。

 

ビットコイン決済する価値は

ビットフライヤーアプリでビットコイン決済をすると500円でTポイント1ポイント貰えるようです。

ショボっwww

Tポイントは店舗で0.5~1%貰えるのが基本です。

またヤマダ電器やビックカメラで対応するようですが、それらの店舗ではPayPay決済に対応しています。
PayPayはデフォルト3%還元ですから、ビットコイン決済するならPayPay決済した方がお得ですね。

仮想通貨決済普及のためにもここを1番頑張らないといけないところだと思います。

アフィリエイターに高額のアフィリエイト報酬を出すぐらいなら、思い切ってビットコイン決済で20%還元でもやらかしてみてはどうでしょう?

まとめ

ビットコイン交換も手数料が高い。
ビットコイン決済も還元率ジョボい。
以上のことからTポイントをビットコインに交換したくないし、ビットコイン決済も利用したくないと思いました。
ビットフライヤーさんには仮想通貨決済普及のためにもここらへんをもう一踏ん張りして欲しいところです。