未分類

コインチェック信者がIEO開始検討で熱狂中だか本当にcoincheckのIEOは安全なのか?

2017年は詐欺ICOが流行り、それに便乗して詐欺ICOを紹介しまくる胡散臭いYouTuberや胡散臭いインフルエンサーが大量に湧いてきましたね。
詐欺ICOはアファリ報酬がかなり高く、紹介する側もアファリ報酬が高い案件を紹介したいに決まってるので、一般投資家に入ってくるICO情報は当然詐欺ICOばかりになるのは必然的です。

一般投資家にICOは詐欺ばっかじゃん。と悟られた頃には詐欺ICOばかり紹介していた胡散臭いインフルエンサーはまたたくまに消え去っていきました。

最近ではICOが取引所に委託して行うIEOが主流となり、海外の取引所ではIEOが行われている中、コインチェックがIEOを検討というニュースが入り、日本の取引所では初のIEO実施になりそうです。

さて今回はコインチェックでIEOを買うのは本当に安全なのか、俺なりの見解を述べたいと思います。

ICOとIEOの違い

本題に入る前に念のためICOとIEOの違いを知らない方のためにおさらいします。
知っている方は読み飛ばしてください。

ICOとは

企業や団体がプロジェクトを行うためにコインを販売という型で資金調達をします。
プロジェクトに賛同した投資家はICOコインを購入します。
ICOは誰でも簡単にコインを発行出来て販売できる上、法律も定まっていないので詐欺師は架空のプロジェクトを作って資金を集めてやりたい放題なので必然的にICOは詐欺が多くなります。

主な集客方法としては、アフィリエイターに紹介してもらうか、プロダクトローンチです。

詐欺のICOほど紹介報酬が高い傾向にあります。

当然ながら人間誰しも金が欲しい訳ですから、報酬が高い詐欺ICOを紹介するアフィリエイターも大量に沸いてくるのは必然的です。

そのためインフルエンサーから情報を得ている一般投資家には詐欺ICOの案内ばかり入ってきます。

IEOとは

上記で述べたICOを取引所に委託して取引所が代わりにコインを販売して資金調達を行います。

ザックリ言うとアフィリエイター任せだったのが取引所任せになった感じです。

取引所が審査を行い、審査に通らなかったプロジェクトはIEOを実施出来ないため、投資家保護の観点では必然的にICOよりは安全性が高くなります。

現在ではすでに海外の取引所でIEOが行われていますが、僕の中では行なっている取引所自体が信用出来ないと思える取引所もあったりするので、個人的にIEOだから全部安全などとは思わないようにしたいです。

 

コインチェックのIEOは安全?

日本人は特に胡散臭い物ほど手を出しやすい傾向にあるので日本人はカモにされやすいです。
そのため日本人の一般投資家が日本の金融庁が認めた所でしか投資しないという流れが一貫していけば全体論として詐欺に引っかかる投資家が減り安全性がかなり高くなると思います。

勿論コインチェックが審査したプロジェクトなら詐欺の可能性はかなり低いでしょう。

だだしコインチェックだから完全に安心などと言う考えで余剰資金以上の投資をするのはお勧め出来ないです。
あくまで安心材料の1つです。

詐欺じゃないから値段が上がるとは限らないし、ICOで詐欺じゃないプロジェクトで値段が下がっているコインなんかいくらでもあります。

投機的に「コインチェックだから」って薄い根拠で脳死プレイする人は投資に向かないと思います。

コインチェックどうこうより
プロジェクトに自分が賛同出来るか
トークンに利用価値はあるか
など内容自体を自分でよく見て検討したいと思います。

まとめ

コインチェックのIEOは安全性は高いが「コインチェックだから」と言う薄い根拠では投資したくないと言うお話でした。

俺は儲かるかどうかより、損しても納得できる投資をしたいと思ってるのでプロジェクトの内容を見て賛同出来るものだけ投資したいです。