サイバーエージェントビットコインが解散。独自仮想通貨発行も断念?

ばんわ。マッコーです。

昨日サイバーエージェントの子会社であるサイバーエージェントビットコインが解散していたというニュースがありました。

実は僕、サイバーエージェントの仮想通貨参入にはかなり期待していたのでとても残念ではあります。

サイバーエージェントビットコインが解散したことがわかった。「解散公告」が11月9日付の官報に掲載された。

同社は、仮想通貨取引事業を行う会社として設立され、仮想通貨交換業者に登録し、仮想通貨取引所の新規を目指していたものの、仮想通貨の不正流出事件などを受け、2018年4月に参入を断念する旨を明らかにしていた。

引用元 Social Game Info

2017年10月にサイバーエージェントビットコイン設立

去年の10月からサイバーエージェントが子会社のサイバーエージェントビットコイン設立していて、当初は仮想通貨交換業者登録を進めていました。

ところが1月のコインチェックのハッキング事件以来、仮想通貨交換業者登録申請が厳しくなり、サイバーエージェントは参入が遅すぎると踏んで、予定していた仮想通貨取引所「CA bitcoin」の設立を2018年4月に断念していたようです。

 

独自仮想通貨の発行を予定していた

2018年4月に仮想通貨取引所の設立を断念する代わりに、サイバーエージェントの独自仮想通貨を2019年に発行することを予定していました。

しかしサイバーエージェントビットコインの解散とともに独自仮想通貨の発行も断念したようですね。

この独自仮想通貨のプロジェクトの詳細などは公表されてはいないものの、サイバーエージェントのサービス内で使える通貨となるのではないかと期待されていました。(俺は期待していました)

サイバーエージェントは今、利益のほとんどはゲーム事業からで、直近ではプリンセスコネクトなどのヒット作を出しています。僕はアソビコインみたくゲームで使えるようになるなどの利用価値を付けてくることを想像していました。

 

解散した理由

「事業の集中と選択で解散に至った」と説明しているようです。

サイバーエージェントはabemaTVやアメブロや動画配信サービスやゲーム事業など数多くの事業を手掛けています。

仮想通貨業界にとっては残念ではありますが、仮想通貨以外の事業に集中するための決断なので今後もサイバーエージェントの活動に期待したいです。

 




コメントを残す