コインチェックに送金する時の注意点。入金アドレスの再発行が必要

こんにちは。マッコーです。

10月30日現在、コインチェックが一部の仮想通貨の入金と購入が再開しました。

ここでコインチェックに仮想通貨を送金する際、入金アドレスが変わっているので今までと同じアドレスに送ってしまうと送金GOXになってしまう場合があるので注意が必要です。

他の取引所からコインチェックの送金先にラベル登録してあって「よしコインチェック復活したしすぐ早速入金しよ!」と慌てて今までのアドレスに送金してしまわないよう注意してください。

新しい送金アドレス発行方法

「コインを受け取る」→「アドレスを作成」で新しいアドレスを発行してください。

他の取引所に前回の古い送金アドレスをラベル登録してある場合、今後間違って送金してしまわぬよう念のため古い送金アドレスを消しておくことをおすすめします。

 

 

現在の入金・購入できる通貨

入金再開対象となる仮想通貨:BTC、ETC、LTC、BCH

購入再開対象となる仮想通貨:ETC、LTC、BCH

※BTCの売買は今まで通りできます。

 

よって現在、

BTC、ETC、LTC、BCH

が入金・購入ができる通貨となります。

 

 

現在停止中サービス

  • 仮想通貨の入金、購入(ETH、XEM、LSK、XRP、FCT)
  • レバレッジ新規建取引
  • アフィリエイト
  • 日本円コンビニ入金
  • 日本円クイック入金(Pay-easy)
  • Coincheck Payment
  • Coincheckでんき

 

入金はコンビニ入金、クイック入金は停止しているようです。

コインチェックに入金する場合は通常の銀行振り込み、または仮想通貨を送金するかのどちらかですね。

コインチェックに振込みする際、SBIネット銀行なら手数料無料で振込みできますのでSBIネット銀行をまだお持ちでない方はモッピー経由でポイントバックで口座開設した方がお得です。

 

 




コメントを残す