サービス終了したゲームデータがブロックチェーン上にトークンとして資産として残るサービス「HL-Report」がリリース。対象ゲームは「レキシトコネクト」

こんにちは。マッコーです。

皆さんはスマホゲームはやられますか?

僕はパチンコ稼働中に片手が暇なのでスマホゲームは結構やる方です。

スマホゲームをよくやると、今まで遊んだゲームでサービス終了してしまったり、中には課金して遊んでたゲームがサービス終了してしまったなんて話は日常茶飯事のようによくある話しです。

僕は遊んでいるゲームがいずれはサービス終了するものだと思って割り切って遊んでいますが、思い入れがあってアンインストールせずにそのままアプリを残してしまう方も多いのでは?

さて今回は、サービス終了したゲームデータがブロックチェーン上にトークンとして資産として残る「HL-Report」というサービスがリリースされたので記事にしていきたいと思います。

ゲームのデータが資産に

モバイルファクトリーの子会社であるビットファクトリーはゲームデータをブロックチェーン上にトークンとして残す「HL-Repor」というサービスをスタート。

「HL-Repor」の対象となるゲームは2018年9月19日にサービス終了となった「レキシトコネクト」というゲームです。

モバイルファクトリーは「レキシトコネクト」のサービス終了に伴い、ブロックチェーン上にプレイ記録を残す施策を取りました。

このブロックチェーン上に残したデータはトークン化となり資産として残ります。

 

HL-Reporのしくみ

PCならメタルマスクなどイーサリアムウォレットと連携したブラウザ、スマホならQuragéなどをインストールし、イーサリアムアドレスをレキシトコネクトに入力していれは、その端末から「HL-Repor」でいつでもゲームデータを確認することができます。

HL-Reporで確認できるゲームデータはイーサリアムのブロックチェーン上にトークンとして残っていることになります。

ゲームデータをトークンとして残すことで資産となり、自分のプレイ記録がサービス終了後も永久的に資産となるサービスです。

 

 

トークン化したデータの使い道は?

HL-Reportが扱う「レキシトコネクト」のユーザーデータは、技術的にはユーザーどうしで交換可能なトークン(ERC721 NFTトークン)となる。その法的な扱いについて、ビットファクトリーは検討を重ねた。その検討の中間報告にあたるBlogエントリも公開している。

トークンが市場価値を持つ場合、トークン(キャラクターやアイテムなど)をランダムに引き当てる「ガチャ」が賭博にあたると判断されるリスクや、資金決済法が定める仮想通貨交換業でなければトークンを取り扱えなくなるリスクが出てくる。そこで、「ガチャ終了後に、トークン化の施策を告知する」ことで賭博の要素を排除し、またトークンの交換市場はHL-Reportではサポートしない形としている。

引用元:終了したゲームの記録がブロックチェーン上のトークン資産になるビットファクトリーのHL-Report

ぶっちゃけ言ってしまえば、現状はただの気休めでしょう。

トークン化することによって売買やユーザー同士で取引出来たら利用価値としてかなり優秀だと思います。

これに関してはビットファクトリーも検討を重ねたようですか、ガチャがある以上、そのデータを売買出来てしまうと賭博の要素となって法律に触れてしまう可能性もあるので慎重にやりたいという感じだそうです。

先に「取引できるトークンですよ」と言ってガチャのサービスを行うと危ないので、「ガチャ終了後に、トークン化の施策を告知する」ことで賭博の要素を排除するなど検討しているようです。

 

まとめ

ゲームはサービス終了してしまうと今までかけてきた時間やお金も全部消えてなくなります。

いずれはサービス終了することを前提においてゲームに課金しないと言う人も多いのでは?

ブロックチェーンの技術を使ってゲームのデータを残して資産化するのが当たり前になればゲームに課金するユーザーも増えたり、ユーザー同士のトークンの取引でサービス終了後も楽しめる要素ありですね。

欲を言えば、サービス中にトークン化して売買出来たり、ビットコインとかの通貨に交換できるようになるのが一番の理想ですが(笑)




コメントを残す