ステーブルコインは仮想通貨ではない?「前払式支払手段発行者」であれば交換業登録なしで発行可能?

こんにちは。マッコーです。

最近はステーブルコインのブームが来つつ、来年にはGMOや三菱UFJなどの大企業もステーブルコインを発行する予定です。

価格の安定した通貨で一般層も安心して仮想通貨決済に利用できる環境づくりに期待が持てます。

さて今回そんなステーブルコインに気になるニュースがあり、記事にしたいと思います。

ステーブルコインは仮想通貨ではない

原則上、法定通貨に準拠(ペグ)したステーブルコインは、現行の資金決済法が定義する『バーチャル・カレンシーズ』には該当しない。

 

 

Bitcoin.comが日本金融庁に取材したところ、金融庁はステーブルコインは仮想通貨に該当しないと述べました。

ステーブルコインは価格が安定する仮想通貨として海外ではテザーなどが有名。

日本でも大手企業が価格が安定する仮想通貨として発行の準備を進めていると、今になって仮想通貨ではないということが明らかになりました。

 

前払式支払手段発行者として登録が必要

一般的に、仮想通貨交換業者がそのステーブルコインを取り扱う場合、発行企業は【改正資金決済法】に準拠し、『前払式支払い手段発行者』か、『資金移動業者』として登録をする必要はある。

 

これからステーブルコインを発行する仮想通貨交換業者は「前払式支払手段発行者」として新たにライセンスを取得する必要があるようです。

逆にステーブルコインを発行する企業は前払式支払手段発行者のライセンスを持っていれば仮想通貨交換業としてライセンスを取得していなくても発行できるということですね。

現在は仮想通貨らしいコインをポイントと称して販売している企業もあり、「前払式支払手段発行者」のライセンスがあれば仮想通貨らしいコインをポイントとして発行できることになります。

 

某コインもポイントとして販売

僕がゴリ推している某コインも実は仮想通貨ではなくポイントとして販売しています。

このように「前払式支払手段発行者」を取得していれば仮想通貨らしいポイントなら発行可能ということになります。

某コインは仮想通貨に該当するかしないかテレグラムなどで議論されていますが、

僕の見解としては、現時点ではポイントで、仮想通貨交換業のライセンスを取得したら、そのポイントは仮想通貨に交換可能なポイントとして使えますよ。

となると思います。あくまで僕の見解ですが。

いずれにせよ「前払式支払手段発行者」を取得していれば仮想通貨らしいコインは発行できるようですね。

 

ネット上の反応

 

 

まとめ

日本の企業がステーブルコイン発行を手掛けようとしているところ仮想通貨ではないことが明らかになりました。

日本では仮想通貨に対して法律などのルールがまだ曖昧なので、現状まだ立場を決めかねているようです。

今後ステーブルコインがどのように扱われるか注目したいですね。




コメントを残す