消費税10%に引き上げキャッシュレス決済で2%還元策は仮想通貨に良い影響となるのか?

ばんわ。マッコーです。

先日、安倍晋三首相は閣議で2019年の10月に消費税10%に引き上げることを表明しましたね。

その代わりにキャッシュレス決済を行った利用者に2%分のポイントとして還元したらどうだろうかという増税分の2%還元策の案が出されました。

キャッシュレス決済というとクレジットカードや電子マネーなどが考えられます。

現在は案なので具体的に決定しているわけではありません。

これにはいろいろな問題点があります。

今回はこの問題点と、仮想通貨決済という案は出されるかどうかを考えていきたいと思います。

事業者にとってデメリットが大きい

企業がクレジットカード決済を導入するためにはカードリーダー等のシステムの導入費がかかります。

さらに、クレジットカード決済は手数料が5%ほどかかり、現在も手数料は事業者が負担しています。

そのため、事業者にとってはクレジットカード決済で買い物をするお客さんより、現金で買い物をするお客さんの方がありがたいのです。

キャッシュレス決済のためにクレジットカードのシステム導入費も負担し、カード会社に手数料も支払うとなると中小企業にとっては大きな負担となります。

ではカード決済システムの導入を断念した場合、消費者は2%還元が受けられるクレジットカード決済導入店舗に行くことになるため、中小企業いじめではないかというのも話題になっています。

 

仮想通貨決済導入したら?

それらのデメリットを解決するのに有効なのが仮想通貨決済導入だと思います。

仮想通貨決済はシステム導入費やカード会社へ払う手数料もなく、簡単に導入できます。

僕は、仮想通貨決済導入したらええやん?

と思うのですが、世間はカード決済導入による事業者へのデメリットの解決策に悩みながらも仮想通貨は話題にすら出されてません。

やはり世間には仮想通貨自体が便利な決済手段であることが認知されていないんでしょうね。

 

ネット上の仮想通貨勢の意見

 

 

まとめ

キャッシュレス決済で2%還元案に仮想通貨が絡んでくるかどうかはまだ未定のようですが、仮想通貨が絡んでくるという前向きな声は多いです。

まず世間に仮想通貨の便利さが認知されることが課題ですね。

普通の人は、仮想通貨って何なのかすら知りませんからw

ただこのようなことからキャッシュレス化が進むにつれて仮想通貨が注目されてくる可能性は高いですね!




コメントを残す