【現在エアドロップ開催中!】二次元コンテンツの発展を目指す国産仮想通貨「NIZIGENCOIN」の特徴やプロジェクトをまとめてみた。

ばんわ。マッコーです。

最近は面白そうな国産コインやエアドロップなどに目移りしていろんなエアドロップを集めています。

しかし国産の仮想通貨は数多くの種類が存在し、エアドロップして上場しては実用性を持たないまま消えていく通貨も中にはあるでしょう。

国産仮想通貨の中でも実用性を持った通貨だけが生き残るのではないかと思います。

さて話しを改めまして、今回はNIZIGENCOINという仮想通貨に興味を持ち、これは実用化されたら面白いなと思いまして紹介していきたいと思います。

この記事ではNIZIGENCOINをなるべく解りやすくまとめていきたいと思います。

NIZIGENCOINの目的

「アニメ」「ゲーム」「漫画」「Vtuber」などの二次元コンテンツを発展させることを目標として作られたトークンです。

しかし現在の二次元コンテンツは違法アップロードや違法視聴などが行われでいて製作者が適正に報酬が貰えていないのが現状です。そのような問題の解決を目指しています。

NIZIGENCOINは

・フリーマーケットサービス

・イベント開催

・オリジナルグッズ販売

・バーチャルユーチューバー制作

・オリジナルアニメ制作

などを行い、二次元コンテンツを盛り上げる活動を行っていく予定です。

ブロックチェーンを使用することで仲介業者を中継せず、二次元コンテンツ制作者側と消費者側の直接的なやり取りが可能となります。

 

フリーマーケットサービス「NIZIMA」

国内外対応のフリーマーケットサービス「NIZIMA」のリリースを予定しています。

制作者自らが商品を出品できる環境を作ります。

一般出品も可能にし、出品者と購入者が任意で制作元へ寄付を行える機能を追加。

「NIZIMA」で商品が流通していくと出品者や購入者が制作元へ寄付できることにより、製作元へのメリットにも繋がります。

より二次元コンテンツの制作や流通が活発になることが見込めますね。

 

「独自配信サービス」をリリース

現在のマンガやアニメは違法アップロードや違法視聴などが行われでいて製作者が適正に報酬が貰えていないのが現状です。

NIZIGENCOINは「独自配信サービス」をリリース。

また、違法アップロード者への警告や、海賊版サイトの削除要請を行えるコミュニティを形成します。

ユーザーが違法アップロードや違法視聴を行わないようにする環境作りを目指しています。

 

決済方法への取り組み

アニメ、マンガ、ゲームなどの二次元コンテンツを取り扱う店舗へ
NIZIGENCOIN決済を導入するように交渉していきます。

二次元コンテンツを取り扱う店舗と言いますとアニ〇イトなどが対象となると思います。

また、NIZIGENCOINオリジナルグッズの販売交渉も行いいます。

これにより、普段仮想通貨を持たないアニメファンなどの層からNIZIGENCOINへの取り込みを目標とします。

 

バーチャルYouTuberやオリジナルアニメ制作

正直これがプロジェクトの注目要素ではないかと思います。

NIZIGENCOINのコミュニティ内で募集したキャラクターを元にした
バーチャルYouTuberやオリジナルアニメを作成します。

現在NIZIGENCOINのDISCORD内ではオリジナルキャラクターの募集を行っていて、こういった個人が作ったオリジナルキャラクターを元にバーチャルYouTuberやオリジナルアニメを制作していきます。

自分が投稿したオリジナルキャラクターがバーチャルYouTuberやオリジナルアニメとして採用される可能性もあるかもしれません。

絵に自信のある方は投稿してみるのも面白いと思います。

 

現在エアドロップ開催中(2018年10月31日まで)

10月17日よりNIZIGENCOIN(2D)のプレセール開催を記念して全員に1万2Dコインのエアドロップを開催しました。

前回のエアドロップは抽選でしたが、今回紹介するエアドロップは参加者全員貰うことができます!

参加方法は、まずdiscordへ参加していただき、Discord内「#address」に書かれている手順に沿ってご参加ください。




コメントを残す