2019年はステーブルコインの時代?三菱UFJ銀行のMUFGコインが「coin」に改名。GMOが「GJY」を2019年度に発行予定

ばんわ。マッコーです。

ここ2、3日ぐらい風邪でぶっ倒れてたのですが、体調が治ったので記事でも書こうと思います。

ここ最近はテザー(USDT)というステーブルコインが一機に売られBTCが買われたという騒動がありましたね。

それと同時に

・三菱UFJ銀行のステーブルコイン「MUFGコイン」が「coin」に改名

・GMOがステーブルコイン「GJY」を2019年度に発行予定

など、ステーブルコインが良いニュースや悪いニュースを含め話題になっています。

今回の記事では「coin」や「GJY」についてのニュースと、そもそもステーブルコインとは何か?といった簡単な説明を踏まえて解説していきたいと思います。

ステーブルコインとは

ステーブルコインとは法定通貨とほぼ同価値として使えるコインです。

テザー(USDT)は1USDT=1USDといった常に法定通貨と同価値となり価格が一定となっています。

日本産のステーブルコインで言うと代表的なのがザイフで取り扱っているJPYZです。

常に1JPYZ=1円の価値を保っています。

実用化には必須?

通常の仮想通貨はボラティリティが激しく投機的な側面が強いため、例えばリップルが60円の場合2XRPで缶コーヒーが1本買えたものが、次の日に40円に下がったら缶コーヒーが1本買うのに3XRP必要となり、価格の下落によって消費する枚数が多くなってしまいます。

ステーブルコインはこうした価格変動の激しさを補うためのコインです。

常に一定の価値を保つことによって実生活でも使いやすくなり、投機対象としてではなく実際に日常生活の決済手段として使いたい人向けの仮想通貨です。

投機目的ではなく一般層に実用化されるにはこうした価格が一定のステーブルコインが必須とも言われています。

 

MUFGコイン( 新名称 coin)

MUFGコイン(coin)とは三菱UFJフィナンシャルグループが発行予定の独自仮想通貨です。

MUFGコイン(coin)の強みは、三菱UFJが開発中のデジタルウォレットアプリ「MUFGアプリ」で送金や決済が簡単に行えるようになる予定です。

また大手メガバンクが発行する仮想通貨ということで信頼性抜群のコインです。

 

デジタルウォレットアプリ「MUFGアプリ」

画像のイメージで分かるように、アプリ内に

・コインに交換

・円に交換

・コインを送る

・コインを貰う

の4つの機能が見られます。

仮想通貨取引所から調達する手間もなくアプリ内で円をコインに交換。

受け取ったコインはアプリ内で課金することができます。

このデジタルウォレットサービスではMUFGコインだけでなく

・クレジットカード

・デビットカード

・電子マネー

・MUFGコイン(仮想通貨)

と4種類のサービスが使用出来るようにするようです。

ただしどの電子マネーのサービスが利用できるかなどの詳細はまだ発表されていません。

名称を「MUFGコイン」から「coin」に改名

「MUFGコイン」という名称だったのが「coin」に改名しました。

名前がコインって・・

呼び方は「〇〇コイン」とかではなく「コイン」だけですw

ん~紛らわしいw

MUFGの冠にこだわらず、他の金融機関など、幅広く使用してもらうのが狙いだそうです。

 

 

GMOがステーブルコイン「GJY」を2019年度に発行予定

GMOインターネットグループでは、仮想通貨事業を戦略的事業分野と位置づけ、2017年5月には仮想通貨交換事業を、同年12月には仮想通貨マイニング事業を開始しています。仮想通貨に関連する事業領域には、大きく分けて「交換」「マイニング」「決済」の3領域があり、そのうちの仮想通貨の「交換」「マイニング」の2領域にはすでに参入を果たしているものの、残る決済領域については、ボラティリティの観点から仮想通貨が決済通貨となり得るのか調査・研究している段階でした。

こうした中、価格の安定を実現するステーブルコインのポテンシャルに着目し、将来的な仮想通貨の決済活用を見据え、仮想通貨のボーダレスな取引を支援するべく、ステーブルコインの発行に向けた準備を本格的に開始することといたしました。

引用元:日本円と連動したステーブルコイン(円ペッグ通貨)
「GMO Japanese YEN(ティッカーシンボル:GJY)」を
アジア地域で2019年度に発行

 

GMOインターネットグループでは2017年5月に仮想通貨交換業を、12月にマイニング事業を開始。

仮想通貨に関連する事業領域には、大きく分けて「交換」「マイニング」「決済」の3領域があり、残る「決済」についてはボラティリティの観点から悩んでいたところ、価格の安定したステーブルコインに着目し、ステーブルコインの発行に向けて本格始動することになったようです。

 

GMO社長「決済で使用できる”切り札”」

仮想通貨が『金か、通貨か』というテーマは、歴史のみぞ知るとされています。

財産(投資商品)の保存手段としてはゴールドと一緒なので、金であることはほぼ証明されており、エクスチェンジ(仮想通貨取引所)とマイニングについては、すでに参入していました。

仮想通貨が通貨になるのかということですが、これは待っていても仕方ない。仮想通貨を通貨にするための最大の障壁は、テクノロジーの問題よりも、価格変動の問題。

金は価格変動があって然るべきですが、通貨になるにはこれはあってはならず、ある意味相反するものです。

ステーブルコインがこれを解決します。通貨の歴史は、「貝→石→金→紙幣→プラスチック(クレジットカード)」になったわけじゃないですか。

これが、今後スマートフォンの中になるのは説明するまでもありません。スマホの中に仮想通貨のネットワークがあるのに、これを使用しない手はない。

ステーブルコインを出せば、瞬く間に「決済ネットワーク」に変わるのです。

ステーブルコインは全ての解だと考えています。仮想通貨というよりも、ブロックチェーンなどインターネット決済で使用できる”切り札”ですね。

引用元:『ステーブルコインはインターネット決済で使用できる”切り札”になる』GMO社長インタビュー

 

GMO社長は仮想通貨を通貨にするための大きな問題点は価格変動の問題と語っています。

これを解決するにはステーブルコインが切り札とのこと。

価格変動する仮想通貨が実用化される、受け入れられるのを待っていても仕方ないので実用化できる通貨を作ってしまおうと言うことですね。

 

まとめ

三菱UFJやGMOなど大企業もステーブルコイン発行に力を入れて来ました。

2019年はステーブルコイン始動で仮想通貨が実用化されて一般層に普及してくるのではないだろうか?

もしかしたらその反面、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨はボラがウンザリしてステーブルコインに避難されて相場が暴落するかも・・

まあ実用化されればなんでも良っかw

 




コメントを残す