Twitterでtipmona(モナコインちゃんbot)からmonaの投げ銭が来た時の受け取り方と使い道

ある時Twitterでこんなコメントが送られてきた時、仮想通貨やモナコインのことをよく知らない方は困惑してしまうのではないだろうか?

せっかく現金と同価値のコインをいただいたのに使い道もわからずスルーしてしまうのは勿体ないですよね。

今回はこのモナコインの投げ銭を貰ったときの対処法と使い方などを解説していきます。

投げ銭はモナコインの文化

仮想通貨にはビットコイン以外にも数多くの種類があり、その中に「モナコイン」という仮想通貨が存在します。

本来、仮想通貨は投機目的でお金儲けを目的として投資している人が多い中、モナコイン界隈ではTwitterや掲示板やイラスト投稿サイトなどで気軽に投げ銭を行ったり、モナコイナーがモナコインを使って何かと企画をしたりなど一風変わった緩い通貨です。

投資の世界では投資家同士でお金の奪い合いをするイメージですが、モナコイン界隈では感謝やお礼の気持ちで投げ銭したりする豊かな層が多い傾向にあります。

投げ銭を貰ったら

Twitterは特にウォレットの作成する必要がなく、Twitter自体がモナコインの財布として機能しています。

投げ銭を貰ったら『@tipmona deposit』または『@tipmona 残高』とツイートとツイートして自分のTwitterのモナコインの残高を確認してみよう。

『@tipmona 残高』とつぶやくとこのように自動でモナコインちゃんbotが自分のTwitterアカウントにあるモナコインの残高を教えてくれます。

tipmona(チップモナ)の使い方とコマンド一覧はこちら

いただいたモナコインはウォレットに移して保管しておくと良いでしょう。

ウォレットとは用は仮想通貨の財布です。

おすすめのウォレットアプリ「もにゃ」の使い方はこちら

↑の記事で説明している通り、もにゃから入金用アドレスを取得したにら「@tipmona 出金 金額 アドレス」を呟いてもにゃに送金しよう。

実際に使えるの?

モナコイン決済が対応しているリアル店舗やサイトが存在します。

まだ普及途中ではありますが、こちらのモナップでは現在モナコイン決済に対応しているリアル店舗が表示されています。

まだ今の段階では普及が進んでいないので対応している店舗はほぼ都内に限られています。

仮想通貨が普及するにつれて今後モナコイン決済対応店舗が増えてくるので実用性が増してきます。

これらのリアル店舗で使う場合、先ほど紹介したウォレットアプリを利用して支払うことになります。

他にもモナコインが使えるリアル店舗やwebサービスはモナゾンで検索することができます。

Amazonギフト券やiTunesカードに交換

近くにモナコインが使えるリアル店舗がなくても、webサイトでモナコインが使えるサービスは多数存在します。

そんな中、一番ハードルが低く使い道があるのはモナコインをアマゾンギフト券に交換することです。



こちらのアマテンではビットコインやモナコインをAmazonギフト券に交換することができます。

少額の投げ銭だけではAmazonギフト券購入まで至らないと思うのでもしモナコインが貯まったAmazonギフト券と交換できるということを頭の片隅に置いておく程度で良いと思います。

Amazonギフト券以外にもiTunesカードにも交換でき、iTunesカードであれば比較的少額で販売されている場合があり、貰ったチップだけでも購入できる可能性はあります。

まずはこういったものに交換してモナコインが実際に使えるという実感を感じてみてはいかがでしょう。

モナコインをもっと欲しい、または換金したい

投げ銭で貰ったモナコインを換金するのは気が引けるという方はやめておいた方がいいかもしれませんが、もっとモナコインが欲しいと思った場合は仮想通貨取引所の口座を開設しよう。

ザイフ

ザイフではモナコインを取引所として売買できるので取引手数料が無料または格安で売買できるのでオススメです。

取引所の場合はチャートや売買板などを見てトレードの知識が必要な場合がありますが、ザイフには取引所とは別で簡単売買という販売所が存在し、販売所なら手数料が高めですが、相場のトレード知識がない方でも簡単に購入できます。

また、ザイフにはコイン積み立てというサービスが存在し、毎月自分で設定した金額を自動で引き落として1か月分を1日ごとに分けて自動で購入してくれます。

コイン積み立てはチャートを見ずに自動で購入してくれるのでこちらも相場のトレードに慣れていない方にはおすすめです。

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーではモナコインは販売所扱いで売買できます。

取引所とは違い販売所の場合は手数料が高くなりますが、ビットフライヤーの販売所は購入か売却のボタンをタップするだけで簡単に売買ができます。

チャートを見たトレードの知識がない方はこちらもおすすめです。




コメントを残す