コインチェックのネムハッキング事件と記者会見(動画あり)内容やネム財団の動きなど専門用語なしにサクッと説明します

1月26日、コインチェックで起きたネムハッキング事件の内容や記者会見内容、今起きているネム財団の動きなと専門用語を嚙み砕いて分かりやすく説明します。

と言うより俺自身が専門的な知識が分かりません(´Д`)

コインチェックがハッキング被害に

26日コインチェックが約600億円分のネムがハッキングで盗まれる被害にあいました。

午前3時頃から複数回に分けて盗まれていた模様。

コインチェック社がハッキングに気づいたのがお昼ごろだったそうでお昼ごろに公式からアナウンス

NEMの入金のみ停止ということでしたので、他の通貨やJPYは問題ないだろうと誰もが思っていました。

その後ネムの入金だけでなく、出金や売買を停止。

まあネムだけなら問題ないだろう。と自分は楽観的な考え。

この時、感の鋭い方は嫌な予感を察して動いていたようです。

情報収集の早いニシノカズさんやみずにゃんがこういうツイートをしてるのを目にしました。

それでも自分は何がおきてるかよくわからんけどまあ大丈夫だろ。と楽観的な考え。

その後公式からアナウンス。

 

 

全通貨の売買も出金も停止の大事体に。

コインチェックユーザーの全資産が完全にロックされました。

ニシノカズ氏やみずにゃんのツイートを見たときに出金しておくべきだったと後悔。

年下であっても投資のプロの言うことは素直に聞くべきでした(´Д`)

 

当日夜の記者会見

こちらでニコ生のタイムシフトが見れます。

 

 

ほとんどの質問に対し、調査中や検討中といった曖昧な返答でした。

お客さんの資産は返ってくるんですか?という質問に対しても、どのような形で返すのが最適か検討中。

など、返せますとハッキリ言わない感じが、いざとなったらトンズラするための逃げ道を用意してあるかのようでなんかヤバい感じではありました。

最後の方で最悪のケースはどういうケースが考えられますか?という質問に対しては、「お客様に資産が返せない場合があります」と社長が公言してしまいました。

これは最悪のケースのある程度の覚悟をした方がいいかもしれません。

 

ネム財団の動きが

 

自分は専門的なことは解かりませんが、ネム財団が24時間~48時間以内にハッキングされたネムの行方を追跡するシステムを導入するとのことです。

尚、盗まれたネムは売却できないようにするとのことです。

 

ネム財団が追跡システムを完成させるまで、こちらのみずなしりんさんというホワイトハッカーがネムを追跡するとのことです。

ネム財団とみずなしりんさんは以前から関係が関りがあるようで、ネム財団がみずなしりんさんに追跡をお願いしたということです。

 

ネム財団がハッカーに勝利することを願いたいですね。




コメントを残す