スポンサードリンク

パチンコで資金がパンクしてもバイトもせずに借金してパチンコした方が良い理由

僕はパチンコでパンクした時に、周りからバイトした方が良いと言われながらも借金してパチンコやりました。
3年前もパンクした時、消費者金融から借り入れしてパチンコをやりました。

ではパンクした時は借金してでもパチンコをやった方が良い理由について説明します。

例外的に、バイトなどをして資金を作ってからやった方が良い人は、パチンコの勝ち方が解っていない初心者です。
最初は負けながらも地道に勝ち方を覚えていき、もし途中で向いてないと判断した時にパチンコから身を引くことが出来ます。
借金した場合、もし途中でパチンコは自分には向いていない、自分では稼げないと思っても後には引けなくなってしまうからです。

基本的には、パチンコの勝ち方を理解していて、周りに期待値が取れる優良店がある状態なら、借金してでもパチンコをやった方が良いです。

なぜなら、バイトをすればするほど貧乏になるからです。

パチプロの時給は2000円~3000円ほど。
用はパチプロの1時間には2000円以上の価値があります。
それを時給1000円でバイトをすることによって、2000円の価値の物を1000円に引き換えると言うことになります。
これだけでも1時間働くごとな1000円負けることになります。
さらに、パチンコ打つ労働よりバイトする労働の方が大変なので、パチンコより高い時給を貰わないと割りに合いません。
さらにシフトが組まれて時間が拘束されるデメリット付き。

以上のことから、コンビニのバイトすら時給5000円ぐらい貰わないとやる気にならないと言うのが僕の考えてす。

バイトをするリスクより、消費者金融の金利のリスクの方がはるかに安いので、僕のはパンクした時はバイトせずに借金してパチンコやることをオススメします。

メルマガ

*メールアドレス
*名前

コメントを残す





7 − 四 =